クレンジングと洗顔

クレンジングは洗顔に始まり終わる!

MENU

美肌をめざすなら

思春期の頃から現在25歳までニキビに悩まされ続けて来た私。

 

はだのなやみ

 

エステ会社への転職をきっかけに、現在27歳になり肌質が見違えるように変わりました。

 

兎に角、美肌への仲間入りをするには「洗顔に始まり、洗顔に終わる」という事。

 

職場のエステティシャンのアドバイスを元に、家での洗顔方法を改めました。

 

ニキビの原因である老廃物をとにかく蓄積しないということが大事。

 

その為には、毎晩の丁寧なクレンジングと洗顔

 

そこでまずはクレンジングです。

 

私はもともと脂性だった為、オイルフリーのリキッドタイプを使用しています。
クレンジングをする前にホットタオルで毛穴を開かせておくのも◎。

 

丁寧に時間をかけてお化粧を落としましょう。

 

洗顔方法の見直し

 

次にクレンジングで落としきれなかった毛穴に詰まった角栓や、小鼻の黒ずみを「吸引機」または「超音波毛穴洗浄機」で取り除きます。

 

どちらも家電売り場でホームケア用品として販売しています。

 

これがあれば、高額を払ってエステに通わなくても同等のケアがお家で出来ますよ。

 

吸引機、毛穴洗浄機共に2〜3日置きくらいにやると1ヶ月後には肌質が柔らかくなって、ニキビや吹き出物の出き方が変わってきます!そして毛穴の開きが改善されます。

 

そして洗顔はとにかくきめ細かい泡で洗う事!一番大事かもしれません。

 

その泡で包み込むように洗って下さい。音波洗顔を使うのもおススメです。

 

正しいクレンジング、洗顔をするとお風呂上がりの化粧水の浸透力が驚くくらい違いますので、まずは騙されたと思ってやってみて下さいね!

 

オススメのW洗顔不要洗顔料

 

大人ニキビができないように。

 

大人になってからニキビができるとどうして困るのかといえば、大人ニキビがこじれるとニキビ跡になりやすいからです。

 

ニキビ跡になるのが若い時だったら自然に消滅する可能性が高いけれど、30代40代くらいになるとニキビ跡としてずっと残りやすいのです。

 

大人ニキビとニキビ跡

 

ニキビ跡が残ると殆どシミと見分けがつかなくなります。

 

シミなのかニキビ跡なのか、わたしは自分の肌に出来ているからわかるだけで、他人の肌にあるものがシミなのかニキビ跡なのか判断できません。

 

そのくらいニキビ跡はシミと区別するのが難しいのです。

 

だからこそ大人になってからなるべくニキビを作らないように努力することが大事なんです。

 

肌にいつまでも残って取れないものだから、大人ニキビには注意が必要なんです。

 

そうは言っても、30代40代くらいの微妙な年齢の女性は様々な理由から肌に吹き出物ができやすくなることは確かです。

 

女性ホルモンのバランスが崩れてくる年齢だということと、そもそも女性ホルモン自体が減ってくる年齢でもあるのでそこを意識して生活するのが肌のために良い方法だとわたしは思うのです。